介護保険の上手な使い方

リハビリテーションの新しい取り組み

日々の生活の中で、高齢者が最も辛いことは、
「今までは一人でできたことが、最近はできなくなってしまった。」ということです。
このようなことが日々積み重なっていくと、ある種の喪失感を伴う「身体の衰え」を自覚し、
「このようなことがしたい、このように生きたい」という自身が思い描くライフスタイルを、
あきらめなくてはならなくなることはとても辛いことでしょう。

 

介護現場において悲しむべき事は、
意気消沈しつつある高齢者伸びの生活を、支援サービスの提供だけで支えることが難しく、
どうしても限界があるということです。

 

ですが、近年は、介護スタッフが高齢者の生活を支える「従来型介護」を提要するだけでなく、
リハビリテーションの専門家が作成した「リハビリテーションの機能訓練プログラム」をもとに
実践していくことを提案する取り組みが広まってきています。

どこでもリハ

「どこでもリハ」は、利用者各人の残された身体・精神能力に積極的に働きかけるリハビリテーションです。
どこでもリハによって、それぞれ個々人に合った生活を再獲得できるようにしようとするもので、
従来型の「リハビリ」と「介護」の双方からの支援によって、今ある機能を維持し、身体的機能や精神的機能の向上を図ろうとするものです。

 

「リハビリ」と「介護」の双方からの支援により、喪失感や絶望感に苛まれている高齢者が元気になり、
再び豊かな人生を送ることを目標にしていくことができます。

 

「どこでもリハ」の内容としては、「日常生活の中にリハビリテーションを取り入れる」というものです。
決して難しい内容ではなく、高価な筋トレマシーンのような高価な器具を必要としない、
日常生活の中で必要な機能を高めていく内容ですから、高齢者も継続しやすく、
何よりも生活に沿った機能を高めていくので、リハビリの効果も実感できます。

 

理学療法士が直接指導しなくても、高齢者自身が自分で、或いは家族の簡単な見守りによって実践できる機能訓練を取り入れたり、
リスクがあると思われる機能訓練(例えば階段の上り下りや自転車こぎ運動など)は、
介護スタッフが訓練のサポートをおこなうなどして、
日々の生活にリハビリテーションを取り入れていくことができるのです。

 

つまり、「どこでもリハ」の機能訓練に使用するプログラムはとてもシンプルなものです。
例えば、足首に錘をつけて上下運動をさせること、
階段の上り下りをすること、自転車こぎの練習を繰り返すなどの運動が主体です。
そして、患部を温める温熱療法などとも組み合わせ、
無理のないように、少しずつ機能を維持し、回復させていくことを目指します。

 

どこでもリハは、まず、理学療法士が利用者一人ひとりに対して体の状態を診察し、
リハビリプログラム(処方箋)を作成します。
この処方箋に従い、現場の介護スタッフが訓練のサポートを行います。

 

今はまだ「どこでもリハ」という言葉は聞きなれない言葉かもしれませんが、
全国のいくつかの高齢者施設がこの運用を始めています。

 

筋トレなどの高価な器具を導入しなくても、実践できるリハビリ訓練として注目されていますし、
介護報酬の運動機能訓練加算も取得できるので、導入を考える事業所も増えています。
介護サービスの利用者も、このような取り組みがあることを知り、
積極的に日常生活の中でのリハビリを取り入れていけるようにすると良いのではないでしょうか。

 

高齢者の介護は、介護を支える家族も大変ですが、
介護を受けなければならない高齢者自身はもっと悲しくつらいものです。

 

「どこでもリハ」という、日常生活の中でのリハビリテーションを取り入れることにより、
高齢者の身体機能が維持できるようになり、衰えていた部分は改善され機能の向上が望めます。
それにより、介護量が減少でき、家族の負担も減り、高齢者本人の活動範囲も拡大され、
自立した生活や活動を再獲得できれば、結果として高齢者の、そして家族の生活の質(QOL)も向上します。