介護保険の上手な使い方

認知症の専門医にかかるときの注意点

認知症の診断を受ける場合、大きな総合病医や大学病院を受診する人が多いのですが、
このような病院は待ち時間が長く、一面識もない医師との面談で気疲れしてしまったりします。
ですから、まずは、いつも診察を受けている「かかりつけ医」に相談して、
どの病院に、どのような専門医がいるかを教えてもらい、紹介してもらうと良いと思います。

 

実際の診察では、医師は認知症の診察をする際、
「年齢に伴う心配の要らない物忘れ」なのか「認知症」なのかを判断します。
その判断をするために、医師は高齢者の日常生活をよく知っている家族や、
周りの人から話を聞きます。

 

例えば、状態がおかしいと感じ始めたのはいつ頃からか、
具体的にどのような行動をしているのか、どのようなきっかけがあったと考えられるのか、
今までの病気について、その病気の経過についてなどは、
詳しく聞かれるでしょう。
診察を受ける前に、このようなことに関してメモを作っておくと診察がスムーズです。

 

今までの生活史や生きてきた人生、育った場所、
朝食の内容や病院までどのような方法で来たのかなど、
本人の記憶を確認するうえで必ず質問されます。
あらかじめ準備しておきましょう。

認知症専門病院の問診の例

  • 家族や身近な人から、生活の情報と今までの経歴、病歴の詳細などを聞きます。
  • 本人にも同じように聞きながら、記憶の障害が加齢に伴う正常な範囲のものか、病的な物忘れなのかを診察します。
  • 簡単な記憶テストをします。
  • 脳の中の病巣を確認するために、CTやMRIなどの画像検査を行います。
  • 診断をします。

 

このような診察を受けて認知症と判断された場合は、
具体的な治療に入ります。
ですが、認知症と診断を受けたことにより不安になり、
他の専門医にも相談したいと思うときには、セカンドオピニオンと言って、
第二の意見を聞いてみる事もできます。

 

セカンドオピニオンは、「主治医に失礼になるのではないか」とか
「転院しないといけないのではないか」という心配はありません。
納得できるまで診断を受けましょう。

 

セカンドオピニオンを求める場合であっても、主治医に紹介状を書いてもらうほうがスムーズです。
紹介状があれば、病院間で検査データのやり取りなどもできます。
また、主治医の立場で考えると、あらかじめ一言断ってもらったほうが心情的にも良いですね。