介護保険の上手な使い方

認知症の人が利用できる介護施設

認知症の人が利用できる介護施設はたくさんあります。
最近は、有料老人ホームなどでも、認知症の高齢者の入居を可能にしているところが増えています。
ですが、実際に施設を選ぼうと思うと、どのような施設が良いのか、
どのような施設が適しているのか判断するのは難しいものです。
特に認知症の高齢者の場合は、自分で施設を選ぶ判断力がないので、
家族や親族、代理人が本人の立場に立って施設を選ぶことになりますが、
なかなか難しいので、普段から様々な情報を得ておくことが必要です。

 

施設を選ぶ時には、もし自分が認知高齢者だったらどう感じるか、
住みやすいと思うことができるか、安心できる場所だと思うか、
サービスがよいと感じることができるかなど、感覚を研ぎ澄まして
施設の善し悪しを検討することが必要です。

 

入居する認知症高齢者の状態に合わない施設だとすると、
さらに病状が悪化してしまう可能性もあります。
見学や体験入所を繰り返し、納得できるまで施設を吟味することが必要です。

 

このように、入居する人の立場に立って施設を探し選ぶことになりますが、
その際、施設の利用目的を、第一の判断基準とします。

 

入居する認知症高齢者が継続的に医療的な措置を必要とする場合は、
老人保健施設、もしくは介護療養型医療施設が入所の条件となります。

 

これ以外の施設であっても、医療機関や提携医療機関を持っている施設であれば不安はありませんが、
認知症だけでなく、医療が必要な場合は、医療系の施設を選択することが大切です。

 

施設の見学の際は、プライバシーが保てるかどうか、トイレは使いやすいか、
共有スペースは十分に確保されているか、浴室は入りやすいか、
安全性に配慮されているか、緊急時の避難経路は確保されているかなどをチェックします。

 

有料老人ホームやケア付き高齢者住宅などでも、認知症の高齢者が入居できる施設は増えています。

 

ですが、提供されるサービスが、認知症高齢者にあっているかどうかは確認が必要です。
認知症高齢者にあっていない、ストレスばかりが溜まってしまうような施設だと、
よりいっそう認知症の症状が重くなってしまうこともあります。
実際に入居している認知症高齢者の家族に状況を聞かせてもらうなど、
施設側の了解をとって情報を収集したいものです。