介護保険の上手な使い方

成年後見制度

成年後見制度は、判断能力が不十分な方を法律で保護し、支援する制度です。

 

 

認知症の程度

 

後見: 精神上の障害で、事理を弁別する能力を欠く状態にある者(重度の認知症)

 

保佐: 精神上の障害で、事理を弁別する能力が著しく不十分な者(中等度の認知症)

 

補助: 精神上の障害で、事理を弁別する能力が不十分な者(軽度の認知症)

 

本人の法律行為

 

後見: 近くでお菓子を買うなど、日常生活に関する行為はできる。

 

保佐: 金銭の貸借や不動産の売買など、込み入った行為ができない。

 

補助: 重度な契約や売買などを自分で行おうとすれば可能、しかし判断や理解が不安。

 

代理人

 

後見: 後見人

 

保佐: 保佐人

 

補助: 補助人

 

代理人の役割

 

後見: 後見人は、全ての行為について、本人の同意なしに代理権を持ちます。

 

保佐: 保佐人は、裁判所が決めた特定の行為について本人の同意無しに代理権を持ちます。

 

補助人: 「特定の法律行為(本人の同意が必要)」について、補助人に同意権や代理をする権利が付与されます。

 

代理人の権限

 

後見: 後見人は、本人が行った行為を全て取り消すことができます。

 

保佐: 保佐人は、本人が保佐人の同意を得ずに行った財産行為を取り消すことができます。

 

補助: 同意権を付与された補助人は、補助人の同意のない行為を取り消すことができます。

 

審判開始の条件

 

後見: 本人の同意は、要件とされません。

 

保佐: 本人の同意は、要件とされません。しかし、場合によって同意が必要です。

 

補助: 本人の申し立て、または、同意が必要です。