介護保険の上手な使い方

ケアマネジャーの選び方

ケアマネジャーは、介護保険の利用者が選択することができます。

 

要介護度が認定され、具体的なサービス利用を考える時には、
ケアマネジャーが一週間の介護サービス利用の流れを説明し、
希望したサービスを提供してくれる事業所の選択をし、
利用者が、そのサービスに納得した段階で、サービスを提供する事業者と契約することになります。
この、ケアマネジメントにかかる費用は、利用者が払う必要はありません。

 

ケアプランの作成については、なかなかスムーズに行かない事もあります。
例えば、利用者の希望する事業所が満員で空きがなかったり、
ケアマネジャーとの相性が悪く、利用者の希望がなかなか反映されない場合もあります。
特には、所属している介護施設のサービスばかりを勧めてくるケアマネジャーもいます。

 

なんといっても、利用する側が納得できることが第一ですし、
ケアプランの善し悪しは、ケアマネジャーの質によって大きく左右されます。
ケアマネジャーの選択は、利用者が行う事ができますから、
もし、納得できないようなことが多ければ、変更する事も可能ですから検討してみてください。

 

では、質の良いケアマネジャーとは、どのような人のことを言うのでしょうか。

 

例えば、「利用者の意見や希望をじっくりと聞き入れ、尊重してくれる。」、
「専門的な知識や、情報量が豊富で、その知識や情報を利用者側にしっかり提供してくれる。」、
「ケアマネジャー自身に仲間がたくさんいて、チームプレーができる。」などが挙げられます。

 

とはいっても、初対面でこのようなケアマネジャーの力量を見分けるのは難しいです。

 

まずは、一人の人間として向きあい、コミュニケーションが取れること、
何か相談をしたときにすぐに行動してくれるフットワークの軽さを兼ね備えていること、
つまり、コミュニケーション能力があり、行動力があるケアマネジャーを選びたいものです。

 

介護は、ある日突然始まり、待ったなしの日々の中で進められていきますが、
ケアプランの中身は、内容がわかってきた段階でも、いくらでも修正可能です。
そのようなやり取りに、瞬時に気持ちよく対応してくれるケアマネジャーと
出会うことができるとできないとでは、これからの介護生活が大きくちがったものとなってきます。